お風呂で手軽にできる美容法は体を温めること

美容

美容のためにお風呂でできることは体を温める

気づくと身体が冷え切っている…なんてことはありませんか?
身体が冷えると血液の流れが滞り、代謝が悪くなります。
代謝が悪くなると身体に余計な老廃物がたまり、美容にも良くありません。
冷えは女性にとって大敵です。
そんなときはお風呂で手軽にできる美容法で体を温めましょう。

[腰湯をする]

バスタブに45~47度の熱めのお湯をはり、腰までつかります。
好きな本を読みながらするのもいいかもしれません。
時間は5~15分くらいです。あまり長くつかりすぎないようにしましょう。
上半身などはきちんと服を着て、冷やさないように注意してください。
せっかく身体を温めるための腰湯で風邪をひいてしまっては意味がありません。

腰湯で汗をかくことで、余計な老廃物も体から出てお肌がツルツルになりますよ。

[熱いシャワーで刺激を]

身体の冷えている部分を探して、熱いシャワーをかけましょう。
時間は2~3分が目安です。
冷えて感覚が鈍ったお肌にシャワーで刺激を与えて活性化させることができます。
腰や、首の後ろなんかにかけるとコリもほぐれて一石二鳥です。

どちらもお風呂で簡単にできる美容法なので、気が向いたときに手軽に行うことができて、精神のリラックス効果も期待できます。

精神のリラックスの次に、ボトックスはいかがでしょうか?あなたの顔を小顔にしたりしわなどを取り除きます。ボトックス注射心斎橋ならサクラアズクリニックにお任せください。ボトックス注射をしたみんなが口をそろえて言う、「こんなに綺麗になるなんて思わなかった」。まずはお店に来ていただき、そこから相談などお聞きいたしますので、お気軽にご来店お待ちしております。

アンチエイジングには食事と運動を

最近では、街に綺麗な女性が増えてきました。
年齢を言わない限りは、歳がいくつなのか分からない人も中にはいます。
このような女性は、メディアなどでは美魔女と呼ばれ、テレビや雑誌などでも、大きく取り上げられています。
この美魔女ですが、毎日しっかりと身体にケアをしている人もいれば、ほとんど何もしないと言う人もいるようです。
しかし、年齢を重ねると、やはりエイジングケアを行わないと、身体も老化していきますので、まずは簡単なものから始めるのも良いかも知れません。
例を挙げるなら、普段の生活にも関係する食事と運動などです。
現代の日本では、飽食文化とも呼ばれ、欧米のような豊かな食事が主流となっています。
フライドチキンやステーキなどの肉類を取ることも多くなり、間食にケーキやクッキーを食べると言う人もいるのではないでしょうか。
また、食事の時の飲み物は、コーラやサイダー、オレンジジュースなどの甘いものが多いと言う人もいるかも知れません。
これらの食事は、糖分や脂肪がたっぷりと含まれており、たまに食べることは良いですが、ずっとこのような食生活を続けていると、身体にも影響してきます。
糖分は身体の老化を促進して、コレステロールが血流を悪化させますので、身体の免疫力なども落ちてきます。
エイジングケアとしては、野菜をしっかりと取り、肉類は週に数回に抑えると良いでしょう。
それに、間食では、洋のものよりも、和のものを取るようにしましょう。
ケーキよりもおまんじゅう、クッキーよりもせんべいなどを食べることで、身体の糖分も抑えることが可能です。
それに合わせて、適度な運動も行いましょう。
軽くランニングしたりするのも、ストレス解消となり、身体には良いことです。
エイジングケアが気になる人には、このような方法がおすすめですよ。

topics

menu

TOP